投資信託という金融用語を、知っていますか。
初心者の方でも、投資信託を1度くらい耳にしたことがあるという方が、多いようです。
投資信託の説明の前に、「投資」と「信託」という言葉のそれぞれの意味から、初心者にも分かりやすいように紐解いていきましょう。

スポンサードリンク

投資と信託から成る投資信託

投資信託の「投資」とは、現時点でも持っているお金を用いて、資本を増加させていこうという行為を指しています。

投資の対象は、マンションや土地、株、為替など、これら全てが含まれます。
人間でさえ、実は投資の対象となるのです。

投資の対象は、才能はあってもまだ実績がない初心者に対して、お金によって自分の元に置いたり、成長をサポートすることも含まれ、プロ野球のドラフトも投資と言えます。

投資信託の「信託」とは、資産運用の会社に投資家が資金を預ける行為をいいます。
投資信託は、これら2つの意味の言葉の複合体です。

「投資信託」とは、資産を運用する証券会社や投資信託の会社などが、任されたお金で投資をして、運用で出た利益を投資家たちに分配する金融商品をいいます。

専門機関にお金を預けて、その運用会社が預かったお金で運用して利益を出し、一部がその会社に渡ります。

投資信託は人気が出ており、初心者の方が増えている状況です。
お金を預ければ、金融に関する専門知識を勉強しなくても、利益を受け取れるという商品だからでしょう。

投資信託は、必ず利益が保障されている商品ではないので、どこの会社にするかは、勉強しておいた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

投資信託ガイド:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.16f9.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。