商品先物取引をする会社を選択し、申し込みを済ませて、ご自分の口座に証拠金を入金したら、商品先物取引を開始できます。
商品先物取引の一連の流れを、大事な基礎からご紹介しましょう。

スポンサードリンク

商品先物取引の基本とレバレッジ

商品先物取引で取り扱う商品は、金や銀の工業品材料、大豆などの農作物などです。

金の商品先物取引で例えると、今の金の先物価格が1gあたり2500円だと仮定して、1kg購入すると250万円となります。

先物取引には、レバレッジがありますから、現物取引とは異なり、全額が用意できなくても商品先物取引をすることが可能です。

レバレッジは、一般的に20〜40倍でしょう。
レバレッジを25倍にした場合、10万円と手数料と税金で差し引かれる分の資金があれば、金の商品先物取引を希望の250万円でできてしまいます。

金の値段は動き続けていますから、差益を出せるか、損失を生んでしまうかは、変動で決まっていきます。

金の価格が、例えば何日か経って、1gあたり2480円に下がったとすると、1000g分がマイナス20円なので、2万円の損失ということになります。

商品先物取引で損失が、証拠金の50%以上になると、会社から警告されて証拠金を入れるように請求が来ます。
証拠金を入金しないで、指定日を過ぎてしまえば、取引は終わってしまうのです。

証拠金を追加すれば、取引は継続されますが、最初の証拠金よりもマイナスになっていくと、借金になるので、気を付けて慎重に取引をしていくことが大切です。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

商品先物取引:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.16f9.com/sakimono/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。